スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*:..。oクラメン キムタクさん*:..。o○ *:

 過去に不正を働いていたキムタクさん
 絆に入る前、彼は加速等を使用し複数のアイテムを得て
 レベルなどをあげてきた人だった。

 彼はこのクラブに入る際、もう不正行為はやらない。
 そう私に誓いクラブにはいってきた。

 今日に至るまで・・。
 
 
 彼の加速等による行為でそれまでに得たアイテムと
 経験値等について彼とクラメン(幹部)さんをまじえて
 長期にわたり話し合ってきた。

 他のクラブのルールや規約についてはわかりませんが
 当クラブは、不正行為一切禁止 発覚次第 強制退去または
 今後不正をしないという約束のもとアイテム又は経験値等の
 精算をして頂くという条件でクラブ在籍をお願いしてきた。


 加速器は実際に使用すると早い速度でゲームが進行するらしい
 歩く&走るのが速くなる
 戦闘中のキャラの動きが速くなる
 これを使用することによって次のレベルupまで
 1時間かかる狩りを30分や20分そこらでできてしまうらしい
 対時間効率で狩りができるらしい・・・。

 
 不正行為がなぜだめかということを
 彼は昨日まで完全に理解しきれずにいたが
 6/7(土)不正はいけないことだと自ら納得した後
 不正で得たアイテムを羽毛に換算
 枚数にすると41枚(今日現在での羽毛相場一枚9m~9.5m)
 経験値については190~224まで加速等を使用したということで
 それについての経験値をデスペナにより不正前の状態に戻した。
 
 
 彼はキャラも1レベルにしてアイテムも全て処分し
 新しくやりなおすという考えがあったようだった。
 私とクラメンs(序列上位にあたる幹部役)は
 不正前の状態まで戻すようにするのはどうかと提案してみた。

 ブルーコーラルに移動して
(。・・。)


彼は今日羽毛41枚と経験値28.9m(正確には28m)分を処分した  
(。・・。)

   

 不正ツールの使用は原則としてネクソンは認めてはいません。
 プレイするに当たって、ネクソンの利用規約が存在し
 それに同意をした上でゲーム内でプレイするわけですから
 一種の契約行為といえる。
 (役務の提供・サービス等を受けようとする契約)


 そこで認められないツールを使用することはもちろん規約違反。
 同時に契約不履行ということに・・・。

 仮に不正行為により起こった負荷でネクソンが損害を受けた場合
 善管注意義務違反及び契約事項の不履行として
 損害賠償請求を受けてもおかしくないはず・・。
 (別にネクソン社員ではありませんが・・・)

 これらの行為は普通にやってはいけないことですよね
 あまり私には難しいことはわかりませんけど・・。

 不正行為はしない! 
 
 上記のことだけについては守れるはず・・。
 でもこの簡単な行為さえすら守れない人がいます。
 悲しいことですね・・。

 キムタクさんのことについては
 クラメンの皆様そして猫鯖の皆様には
 大変ご迷惑をお掛けいたしました。

 やってしまったものはしょうがない
 でも・・
 それだけで済まされるものではない。
 普通にプレイされている人間が沢山いるのですから・・。
 
 過去に犯した罪は消えませんが
 彼のとった行動を批判してもらいたくはない
 当クラブの規約がどう批判されようと構いませんが。
 
 今回記事にとりあげてみたのは
 そういう思いからだった。
  
 彼は心を入れ替え絆メンとして在籍し
 共に活動していくとのことだった。

 今後の活躍に期待をしつつ
 これからも暖かい目で
 彼を見守ってあげて頂きたい・・。
 

 
                          平成20年6月7日(土)
                          
                          絆KIZUNA 代表 彡優彡

 

  
 

 
                           


 【追記】

 Q なぜこの記事を水曜メンテ後迄伏せていたか
 A 羽毛拾得するもの(プログラム改ざん等の不正)から防ぐため
 (。・・。)
 小道・ナルフリNPC前に床置きし、通常は取れない場所
 に置いたアイテムでも、ちょっと改ざんすることによって
 簡単に拾得出来るらしい・・。
   
 

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。